上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
超久しぶりにチラシ裏。

声掛けをしているときにふっと思う時がある。
ナンパと飛び込み営業って少し似てるなって。

俺は飛び込み営業は苦手で、いつも訪問先の前で頭を悩ませていた。
時には数十分酷いときには数時間、目の前を行ったりきたりしたこともあった。

これってナンパの地蔵と少し似ている。

飛び込み営業の場合での場合「なぜ訪問先に行けないのか?」を考え必要がある。

大体の悩みはこうだ。

・断られるのが怖い
・知識不足による不安
・経験不足による不安
・商品力不足

こういった悩みを克服するためには、何度もロールプレイングを自社で繰り返す。
会社の人に客役をやってもらい、断るお客を演じてもらう。
その都度アドバイスを貰い知識を蓄え繰り返すことで、経験を積むのである。

こうすることで、多少イメージが沸き不安が緩和される。

後は、経験で断れる耐性を付けていくのである。

ナンパも同じことが可能で、ネットで動画や知識を蓄えイメージを沸き、ロールプレイングすれば、不安は多少解消されるし、繰り返し声を掛ければ耐性が付く。

これが通常の不安な耐性をつけていく方法であるが、ストで成功を収めている人の多くが、この不安をそこまで深刻思っていない。

つまり、地蔵という魔物をそこまで恐れていないのである。

このマインドの差がナンパにおいて決定的な差に繋がっているのではないかと個人的には思っている。

鋼のようなメンタルがなければ、

・落ち込む
・声掛け数が減る
・自信がもてない
・女の子を探せない
・声量が小さい

と負の連鎖が舞い降りる。
負の連鎖が続けば、結果も出せないし、成長もしにくい。

なので、メンタルを鍛えることが必要なのだが、これが難しい。
ロールプレイングをして場数を踏むことで、少しづつ慣れるが、その精神的負荷は半端ない。(大体凄い人はこの負荷を壁と感じない)

耐えて、少し自信が付いても、暫く活動してないとすぐ振り出しに戻りこの負荷をまた1から経験しなければならない。
自転車は、一度乗れるようになれば数十年後にも乗れるが、ナンパの声掛けはこのようにいかない。

俺は昔のように飛び込み営業を出来るかと言われると、「絶対出来る」と確信をもっていえない。
けど、ナンパを意図も簡単に出来る人は成約が取れるかは置いといて、そこまで負荷を感じないはず。

ここは、一般スト師と俺とのマインドの大きな差である。


繰り返し声を掛けて成功の数を増やせば、自ずとタフになるというのが世の中の自論だが、俺はこの条件にはまっていない。

まぁそれでも適当に頑張るけどさw

って俺のじっちゃんが言ってた!!
スポンサーサイト
 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。