上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ナンパは、無理だとおもった。
そして、
生活は、いつもに戻った。
そんな時期のお話です


元々僕には負荷がありました。
なんか、疲れがどっときましたが、数日経つとそこには、いつもの生活がありました。
そこは、何の変哲もない変化のない世界。
ぼーっとできる時間が増えた。
どこか懐かしいけど、もの足りない。

ふっと、ナンパを始めた時期の日数をみると、すごい日数を経過したと思いきや、そこまで経過していません。
ナンパをしていると充実していたかは別としても時の時間が長く感じました。

勤めていた会社ですが、気がつけば事務の子達とも普通にはなせるようになり、「あいつは、あの子を狙っているらしい」、「頑張ってね」など、ヘンなデマまで流れるようになり、部署内では、「営業成績で鬱かかっている人」と「仕事そっちのけのチャラ男」のそれぞれ違ったイメージをもたれることに。

どちらにしても気まずい社内となりましたが、ネガティブ思想の暗いイメージが、明るいイメージにプラスになったことは良いことかもしれません

こう思うと、(ナンパの影響かはわかりませんが)俺も少し変われたんでなーって思った。
そんな気持ちに浸っていると、ナンパしていた時期を思い出す。


「あの時は、無理だと思った。でも、諦めたくない」
こんな気持ちが、僕の心に突き刺さった。

今なら、声掛けできるかな☆
仕事帰りに、地元の大きな駅にいってみた。







できなかった、、、、、、。


そんな、甘くないよ。

でも、もう一度やりたりたい

しかし、重い腰は中々動きません。
仲間は、結果を残した一部の人、後は、やめてしまっています。

とりあえず、完ソロは、無理ですので、仲間を捜すことにしました。

続く

スポンサーサイト

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

 

<< 地蔵に意味はあるのか? | Home | 壁のその後 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。