上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
兼ねてより受講したかった流星道場に行ってきた。
受講理由の第一動機は、流星さんのファンだったからw

俺が流星さんと一番初めに会ったのは、忘れもしない5年前くらいの秋葉原である。

当時の秋葉原は、今のように警察が徘徊しているスト師殺しの街ではなく、ヲタクとメイドが行きかっている素晴らしい街だった。

そんな、街で、雨が降っている中、傘を差してキチガイの如く声を掛け続けていた一人の男が居た。

その人こそ、流星氏である。

流星氏の出会いは衝撃的だった、、。

なぜならば、身長が俺と同じくらいだったからである。

俺は男性の平均身長を大きく下回る。
今まで、俺よりも身長が低いスト師を見た事がなかった。
俺がナンパで成功できないのは、身長のせいにしてきた。

俺くらいの身長が低くないと分からないかもしれないけど、身長が低いと本当にデメリットが大きい。


以前、公家シンジ×ナンパンマン×流星のナンパ師達が集まり、ネット配信した時があった。
その時、公家シンジさんという方が、「最初の講習生には自分より身長が低い子に声を掛けさせている」みたいな事を話されていました。

理由としては、女性が自分の身長を上回るとびびって声を掛けられないらしい。
これは、全くその通りで、今でも痛感している。

けど、俺の場合、公家シンジさんの指示通りやったら、中々声掛ける相手が居ないw

日が暮れちゃうよw

ってなってしまう。

低身長な人は、嫌でも自分より背の高い子に声を掛ける事を求められるため、参入壁が大きい。
そんな勝手な、自分の価値観を持っていたが、流星さんは自分よりも15センチ以上高い女性にも怯むことがなかった。

この時初めて、チビでもナンパが成功できるという確信を得た。

流星さんは、俺のナンパ人生で衝撃を与えてくれた人物の一人である。

初めて109-2に連れてきてくれたのも初めてストの服をくれたのも初めてヘアメに連れてきてくれたのも初めて歌舞伎町の存在を教えてくれたのも全て彼が居たからである。

つまり、歌舞伎で即を稼げたのは、流星さんが居たからといっても過言ではない。


そんな流星さんが、恵まれないナンパ師を教える道場を開くというのだから、いつかは行ってみたいと常々思っていた。

流星さんと俺は、一般男性が持っていない選ばれた6%未満のニュータイプ(低身長)であるが、俺とは、能力が全く異なる。


流星さん、

q.png

パイロット能力、カリスマ性、指揮能力全てがトップクラスで、最強の一角。

俺、

q02.png

完璧な噛ませ犬w。


この現実から現実逃避していたが、いつまでも出来ない理想の彼女に苛立ちが募り、ついに門を叩くのでした。

☆講習について☆

場所は、俺が最も苦手な渋谷。
渋谷は、年齢層が若いため見た目のスペックが高くないと終わる街でもある。


そのため、低身長の俺は、相手にされず、いつしか行かなくなった。

そんな街での講習では流星氏の「違う、違う、違う」のまさかのスパルタン講習だったww

正直に言うと、

最近、Twitterで「流星さんのおかげで○○できました」って書き込みが目立ち、宗教じみてて怖かった。

なんか雑誌の裏にある、「このブレスレットで美女と大金をGETしました」っていうあれと似ていると知り合いながら思ってしまった。

q03.jpg


ステマ感半端ねw


けど、流星さんが声を掛けると、本当にビタ止めさせる。

やっぱり

SUGEEE!

久々に声掛けを見たが、さらに磨きが掛かっていた。


流星さんは、今の俺の声掛けでは、戦えないという。
だから、俺も流星流の声掛け術にシフトしていこうと思う。

流星さんの技(以降、流星拳)は、50代になっても通じる技である。

q03.png

だから今のうちなんとしてでもマスターしていきたい。

自分が、50代でも18才を即れるのが、流星拳の特徴かもしれない。


ちなみに、俺は講習中、講習後も即れてませんw(講習前は即ったけどw)

当たり前ですが、流星拳は、1日でマスターできません。

ですが、練習すれば誰でもマスターできるように指導してくれるし、将来のビジョンも見える。

ナンパ講習で最短で実力が付くのはおそらく流星道場だと思う。

流星拳は、ありがたい事に北斗神拳 と違い、一子相伝ではありません。

q09.jpg


講習した人皆に伝授される資格があるのですw
流星拳を使えるようになりたい人は、「流星 ナンパ」で検索×2w

ってなわけで、久々の更新でした。

でわ。でわ。

乙カレイヤー!
スポンサーサイト
 

<< どりょく値を上げ、技をぱくる | Home | 花火でイノベーションを高める! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。