上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
どうも、こんにちわ。
ようやく、「乙カレイヤー」でググると、トップに出てくるようになりました。
今までは、コスプレイヤー関連などに負けてひっかからなかったのですが。
今後とも宜しくお願いします。

さて、今回のお話は、私生活でのお話です。
どぞ~


こんにちわ。
ナンパをしたからかどうかは、不明ですが、私生活において、一人の女性が僕に近寄ってきました。
結構、頻繁に顔を会わす存在なのですが、童顔でメガネが非常に似合い、エヴァにも詳しいため、それなりに気が合いました。
軽いボディタッチなどもありましたが、気にしていませんでしたが、TELがかかってきたり、
好意があるのかなーなんて思ったときもあります。

あるとき、飲み会があり、その子は酷く酔っていて、僕も酔っていました。
そして、電車で一緒に帰り、僕は一人暮らしの彼女の家に行ってしまいました。

その時、彼女が彼氏がいるのに家に上げたり、精神的に不安定な事が分かりました。
僕は、ぶっちゃげると彼女の事が好きだったのかもしれません。

なので、彼女に嫌われたくありませんでした。
ここで、一緒に過ごすことによって、今までの関係が終わりたくなかったのです。

また、彼女には、彼氏いるらしいのですが、仲がよくないから、寂しいからなどという一時の気の迷いからの関係は僕は嫌だったのです。

シャワーを浴びながら、最後まで考えた結果、
その事を軽く告げ、さりげなく突き放しました。

その後、
次回彼女と会った時、僕と話してくれなくなりました。
僕は何故かわかりませんでした。
結局、答えは分かりませんが、部屋に上がりこんで、何もしなかったことが彼女を酷く傷つけてしまったのかもしれません。

最善の答えをだした筈なのに、彼女と仲良くなれないことに深く落ち込みました。
やる気もでないし、食欲も沸かない。

それで、数日たち。

その後は、メンヘラ板に引き篭もっていました。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : ブログ

 

<< 13日、15日のナンパヘタレ日記 | Home | それから、かわらずの日々 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。